フォト

L.Aつながりのリンク

  • ここびのキッチン @クックパッド
    レシピサイトクックパッドにレシピを載せ始めました・・・
  • etsy
    手作り品の販売サイト、etsyにlacoco920という名前で出品しています。
  • アトリエ
    手作りのレシピサイトにcocobeebooksが出張しています。
  • 吉田屋日本百貨店
    cocobeebooksがL.Aを舞台に、自分の体験を元にした小説を書いています。L.Aの日本人の様々な人生と、それぞれの決断。楽しく読めて、何かを得られる物語です。
  • 灰色の雨にうたれて・・・
    19歳で渡米、ブルースドラマーとして活躍するkunioさんの自伝。ゆるいイラストと硬派な文章が絶妙に面白いです。やればできる!という勇気がもらえるブログ。
無料ブログはココログ

トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

自分のからだを知る・3

一大決心し、食べ物のアレルギー検査をしてほしいと申し出たわたし。

看護婦さんは「ちょっと待っててね?」と言い残して診察室へ。

しばらくして、わたしも診察室へ呼ばれました。

お医者さんは一笑。

「食べ物アレルギー?あるわけないでしょう!」

「ですよね、やっぱり」

と言って退散したい気持ち満々のシャイなわたし。

でも、ここで引き下がっては、後々の海外生活が不安です。

勇気をふりしぼります。

「いや、でもなにがあるかわからないですし、不安要素はできるだけ消したいんです」

お医者さん、あくまで気が無いそぶり。

「まあ、でないと思いますけど。じゃ、検査しましょか」

小麦・牛乳・卵の3大アレルゲンの検査も追加してもらって、一安心。

エビとか、かにとか考えたらきりがないですが、

わたし自身花粉とほこり以外にアレルギーを持っているという自覚がなかったので、

安心料と思って検査料を払い、家に帰ったのでした。

小太郎の左腕

和田 竜さんの本。

これって2作目でしょうか??

またも時代は戦国時代。

農閑期になると戦をする2つの家の武士たち。

ある日深手を負った一方の家の武士は、

山の猟師に助けられる。

その猟師の孫、小太郎の左腕には、戦をひっくり返すような

ある恐るべき秘密があった・・・

「のぼうの城」のような、

うおりゃーーー!!

っていう濃密さやパワーは少し鳴りをひそめている感じはしますが、

和田さんの、

戦国時代が好きだ!

武者が好きだ!!

っていう思いはひしひしと伝わってくるし、

やっぱり出てくる武者が魅力的だし。

また新しいのが出たら、きっと読むと思う。

小太郎の左腕 Book 小太郎の左腕

著者:和田 竜
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年2月27日 (日)

自分のからだを知る・2

渡米直前、わたしはかかりつけの内科医院に行きました。

目的は、アレルギー検診。

なにしろ当時海外旅行保険に入る余裕の無かったわたしは、

かの地で病気になるわけにいかなかったのです。

知り合いが海外旅行中にエビアレルギーを発症して大変な目にあったのもあり、

アレルギーってこわいなあと常々思っていたのもあったのでありました。

アレルギー検査を希望したわたしに、お医者さんがしてくれたのは、

花粉やハウスダストなどの基本的なもの。

「ほんとは、食べ物のやつやってほしかったんだけどなぁ」

と思いつつ、言い出せないシャイなわたし。

血液採取が終わり、お金を払うために待合室で待っていたのですが、

一大決心(そりゃそうです。ここを逃したら、しばらく病院行けないんですから)して、

窓口で、

「あ、あのー。食べ物のアレルギー検査みたいなのも、やってほしいんですけど・・・」

と看護婦さんに伝えました。

あくせくするな!ゆっくり生きよう

今を生きよう、がメッセージ。

仕事に、プライベートに、そのアイディアをどう生かしていくかを具体的な例を出して説明しています。

power of now を噛み砕いた感じかなー 。

「小さいことにくよくよするな!」 の筆者が書いています。

あの本、衝撃的だったっけな。

高校の時に読んだ気がする・・・

むかつく人は、100歳のお年寄りか、2歳の幼児だと思え!

とかいう言葉が今でも心に残ってます。

この本もリンクがありません。

リチャード・カールソン著 出版主婦の友社なので、

興味のある方は、検索、検索☆

2011年2月26日 (土)

自分のからだを知る

わたしはずっとにきびに悩んでいました。

中学の時から始まったやつらの襲撃。

それは顔はもちろん背中から胸元までに及び、思春期のわたしはコンプレックスの塊でした。

高校時代には肌がきれいになった友人に、

「何使ってるの?どこで買ったの?」と質問攻め。

それから、有名どころの高額化粧品を片っ端から試す日々が始まりました。

平行して病院に通い。

硫黄ローションやら、得体の知れない白いクリームなどを処方され、

それらを祈るような気持ちで肌に塗りたくっては効果がでずにがっかり、そして怒り・・・

精神的にはどんどん内向きになっていき、まるでさなぎになったような時間でした。

大学から卒業までは比較的肌が落ち着いていて、すこし自信を取り戻したものの、

社会人になったら、今度はあごにやつらが大密集。

当時はストレスフルな仕事をしていたので、「ちくしょう、あいつのせいか!」

なんて、人のせいにしたりして。

すべすべの透明肌なんて、想像の産物にすぎない・・・・と思っていたわたし。

それが、渡米直前に行った病院で劇的な展開を迎えることになったのです!

そんな言い方ないだろう

タイトルで借りた本。

若者言葉から、アナウンサーや政治家の疑問な言葉遣いを鋭くついた辛口コメント。

あけっぴろげに言う筆者の語り口がある意味ユーモラスでもある。

ああーこういう言い方してるなぁと自分を省みつつも、
でもやっぱり、円滑な人間関係のため(これも自分の思い込みかもしれないけど)に使っちゃうなあと思う。

そんな言い方ないだろう (新潮新書) Book そんな言い方ないだろう (新潮新書)

著者:梶原 しげる
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年2月25日 (金)

手作り化粧水(きっかけ&レシピ)

自分で化粧水を作るようになって、思えば5年以上になります。

最初の動機は、「自分で化粧品を作れるようになれば、どこでも行けるじゃん!」

という思いつきでした。

特定の化粧品を使っていると、

その化粧品を扱っていない地域に行ってしまうと入手が困難になります。

その点、現地調達できる材料、

もしくは持ち歩ける材料で化粧品が作れるということになれば、

世界中どこに行っても自分に合った化粧品を使うことができる、と考えたのです。

5年前の当時は、

まさか自分が本当に海外で生活するようになるとは思っていませんでしたが、

その思い付きが実現してしまいました。

わたしのレシピはシンプル。

グリセリン(もしくはホホバオイル):れんげ3杯から4杯

精製水:カップ1杯(300mlくらいかな?)

エッセンシャルオイル:ラベンダー、ティーツリー、ローズ、ローズマリーを各4~5滴

それを、スプレーボトルに入れ、使用するときに中身を振り混ぜてスプレーします。

アメリカではドラッグストアで精製水を見たことがありません。

考えた結果、街角でリフィルできるフィルタードウォーター(飲み水)を使っています。

ミネラルウォーターでもいいんじゃないかと思います。

これで問題なさそうです。

水がほとんどの化粧水ですが、お風呂あがりに怠けてカラダにスプレーしないと、

あとで乾燥して肌がかゆくなってきます。

ちゃんと効いているんだなという実感がほのかにあります。

2011年2月24日 (木)

神去なあなあ日常

高校卒業直後に、横浜から田舎の林業研修に連れ去られた主人公の日常。

さらっと読めるさわやかな作品。

友達に林業をやってる人がいたから、
彼がどういうことをやってるのか分かったのも良かった。

自然を敬い、自然とともにある人々がいいなぁ。

神去なあなあ日常 Book 神去なあなあ日常

著者:三浦 しをん
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本、件の友人に薦めたら、早速読んだとメールが来ました。

そのすばやさが、そこはかとなく嬉しかったなぁ。

余談です。

妖怪と歩くー評伝・水木しげる

水木しげるの人間像にせまったエッセイ。

彼のアメリカ旅行や故郷への旅に同行、

また、多くの関係者からも話を聞いて、

かなり濃い感じ。

筆者自身、水木に傾倒している人間というわけではないので、

なんだか、珍妙な動物を観察しているといったスタンスであり、そこが嫌味がなくていいと思う。

小さいころ、かなり怖くてちょっとトラウマになっていた水木しげるの世界と、彼自身だったが、NHKの朝ドラのおかげで、そのトラウマが癒えてよかったと思う。

この本もリンクがありません。。。

長い本ではありますが、水木しげるさんに興味があれば、楽しめる内容です。

足立 倫行著、 出版は文藝春秋です。

もしよろしければ、検索、検索☆

2011年2月23日 (水)

すべてがうまくいく「やすらぎ」の言葉

これも、友達が以前すすめてくれた本。
というより、これの英語版をくれていたのだが、
いつのまにかなくなってしまって、
どうしたのかなぁ。。。と思っていたのだが、
日本版を図書館で見つけたのだ。

エックハルト・トールの前に読むとよさそうだ。
彼の本は自分自身に戻る、という究極形だが、
彼女のは、それ以前の問題に対しているように思う。
昔受けた傷をいやして、自分で自分を愛し、回復させていこうという感じだ。

体の不調にも心が影響しているというスタンスで、
それぞれの症状に関するアファメーションが数多く載っている。

彼女自身、幼少の頃から多くの傷を負っている。
皆、多かれ少なかれ、人間関係の中で傷を負っているものだ。
親や周りの人々から十分に愛情をそそがれて育っていれば乗り越えられるものもあるが、それを得られずにずっとしこりを抱えて生きている人も多い。
こういうのって、他の人からどう見られていようと、あまり関係ない。
自分で傷があると思えば、そうなのだと思う。

大人になると、ますます周りの人からの愛を得ようとがむしゃらにならなくなるし、
また周りからも、自立して生きていくことが求められる。

でも、本当は、皆愛されたいのだ。
無条件で抱きしめて、「大丈夫だよ」と言ってほしいのだ。

それを、周りの人を頼らず、自分自身でやっていこうと考え出した彼女の発想に感銘を受けた。

自分を癒せるのも、自分を愛せるのも、究極的には自分自身だ。

そこから、周りを愛し、また愛される人生が始まるのだろう。

この本もリンクがないので、興味のある方はどうぞ検索してみてください・・・

筆者はルイーズ・L・ヘイ PHP出版です。

イブラヒムおじさんとコーランの花たち

父一人、子一人で育ったモモ。

彼は二人の食事の買い物をするアラブ人の店で、
万引きを繰り返している。

ある日その店で、モモは店の主人に言われる。

「万引きの分は弁償しなくてもいい。
 ただ、これから万引きするときは家の店だけでしてくれ」

16歳になってすぐ、父親が家を出る。
一人ぼっちになったモモは、
店の主人・イブラヒムに養子にしてくれと頼み込む・・・

真っ赤な新車のスポーツカーで、
イブラヒムの故郷に旅に出る二人。

この不思議であたたかい「親子」の旅路は・・・

さらりとしているこの映画。
テーマは結構深刻だし、
大人になっていくモモの心情も複雑に違いないんだけど、
必要以上に濃く書かずに、あくまで静かに、ユーモラスに物語は進んでいく。

アラブ人の店(実際イブラヒムはアラブ人じゃないんだけど)のイブラヒムのコーランの教えも、
イスラム教に対するなんだか怪しげなイメージではなくて、
日々の生き方に対する姿勢のような、
すっと入ってくるように自然でシンプル、それでいてとても深いひびきがある。

劇中の音楽もしゃれていていい感じ。
人生で何かぶつかった時、成長の過程の悩みがあるとき。
イブラヒムの笑顔と生きる秘訣を学びにまた見たい。

イブラヒムおじさんとコーランの花たち [DVD] DVD イブラヒムおじさんとコーランの花たち [DVD]

販売元:ハピネット
発売日:2006/04/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Spiderwick Chronicle

映画になってて、観たいんだけどいまだに観られてないので、

図書館で借りてみた。

双子の男の子と、そのお姉ちゃんが、

両親の離婚で引っ越してきた大叔母さんの家の隠し部屋で見つけた妖精の本をめぐって大冒険する話。

全部で5巻で、その内3巻目を読み終わったところ。

いかにもなファンタジーっぽくないなと感じるのは、

いろいろな妖精が出てきても、

その全部が彼らに関わるのではないところ。

普通の野生動物の暮らす森に入った。。。みたいな感覚で、

ただずばっと出てきて、なにもなくとおり過ぎたり、

いきなり脈絡もなく襲われちゃったりとか、

そういうリアルなのが新鮮だった。

やたら人間になつく妖精の話とか、

説明くさかったり、理路整然とした話でないのが、

かえって妖精も普通に生きてるんだなぁと感じるというか。

よくあるファンタジーみたいに、

人間に左右されすぎてない(あたかも人間の補佐的な感じに書かれてる、みたいな)、うそくささがない感じがいい。

The Field Guide (Spiderwick Chronicle) Book The Field Guide (Spiderwick Chronicle)

著者:Holly Black
販売元:Simon & Schuster Children's
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年2月22日 (火)

さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

自分自身であること

今を生きること

自分の体の内側を感じること

沈黙を聞くこと

感情と思考の奴隷ではなく、観察者になること

不本意な状況にあるならば、

抵抗をするか、状況を変えるのに今できることをするか

もしくは身を引くか。

そのどれもできないのであれば、

あるがままを受け入れること。

友達にすすめられた本。

監修の人の著書を、違う友達にすすめられていたので、

びっくり。

まったく違う場所で、まったく違う出会い方をした友達2人。

そして、わたし。

類は友をよぶのだなぁ。

わたしは、2人から学んでいるんだろう。

さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる Book さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

著者:エックハルト・トール,Eckhart Tolle,あさり みちこ,飯田 史彦
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


2011年2月21日 (月)

ブレイブ・ストーリー

RPG好きな普通の小学生・亘。
そんな彼に普通じゃない出来事が起こったときに開いた、
もう一つの世界への扉。

この運命を変えたい!
その気持ちで飛び込んだ未知の世界で、
亘はどう成長していくのか・・・

ものすっごい分厚い本。
しかも、上下巻。
読み終わるのかなぁーと思いつつ、
1週間で読破してしまった。

読みきらせる力、さすが宮部さん。
あえて展開を考えず、リアルタイムで主人公と一緒に、
驚いたり、喜んだり、悲しんだり・・・と楽しんだ。

この1ヶ月ですっかりファンになってしまった。

ブレイブ・ストーリー (上) (角川文庫) Book ブレイブ・ストーリー (上) (角川文庫)

著者:宮部 みゆき
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

文庫版は上・中・下と出ているようです。

ラフリンから帰ってきました

3日連続のショウのはずが、悪天候のために2日に縮小され、

本日LAに帰ってきました。

なんと、雨から雹が降るという異常事態。

023

↑雨の中どうしようかと話し合う音響係りのランディと、バンドマスターのマーク。

025

↑地元の人もびっくりの雹

にも関わらず、お客さんは大喜びでありがたい幕切れとなりました。

034

↑CAのザイデコ層は、シニア世代が多いです。でも皆若い!元気!

cocobeebooksラフリン出張店も、

途中から常連さんが売り子さんになってくれ、なかなかの売り上げでした。

今までラフリンへの往復は夜中だったのですが、

予定変更により、昼間の景色を見ることができました。

こんな砂漠の中を走っていたとはついぞ知りませなんだ。

こういう様子を見ると、人間は本当に小さな物と改めて感じます。

023_2 

2011年2月20日 (日)

サラとソロモン-少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

一時帰国の際、親友が貸してくれた本。

その時はいろいろ考えすぎててぐちゃぐちゃになってたから、

見かねて貸してくれたんだろうな。

引き寄せの法則が、

童話タッチで易しく書かれています。

すうっと入ってきた。

今2回目を読んでいます。

素直に自分を信じようって思います。

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣 Book サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

著者:エスター ヒックス,ジェリー ヒックス
販売元:ナチュラルスピリット
Amazon.co.jpで詳細を確認する

自分が変わる -遍路のこころ

いつからでしょう。

お遍路したい・・・という気持ちが心にずうっとある。

なぜかわからないけど・・・

ひたすら道を歩いて、

頭からっぽにして、

そしたらどんな風になるのかなぁって。

この本を読んで、また遍路熱が・・・

ひろさちやさんの本は、やわらかい言葉で、

優しく、易しく物事を説いてくれるので好きです。

(この本はリンクがないので、興味のある方はネットで検索してみてください・・・

いい本ですよ^^)

ICO -霧の城-

海の向こうにある「霧の城」。
そこに生贄として捧げられる少年、イコ。
その村では何十年かに1度、頭に角を持った子が産まれ、
その子が城に捧げられるならわしがあるのだ。
なぜ、生贄が捧げられなければいけないのか?
霧の城の主とは一体誰なのか?
たった一つ、この不条理を救うと信じられた印章を胸に、
イコは城に連れて行かれる。。。。

もともとは、ゲームらしい。
知り合いから宮部みゆきの本を貸してもらってから、
彼女の濃厚な話の筋の絡ませ方にはまってしまった。
これは、借りた本を全部読んでしまってから、図書館で見つけた本。

楽しんだ!!!

彼女の江戸時代ものの本も好き。
物語に出てくる料理を扱った本も図書館にあって、
おおーと思いながら借りた。

この人の世界観、リアルで好きだなぁ。
テーマはファンタジーなのに、すうっと読ませるこの力。
多分彼女が描く人の心情が、誰もが感じる、もしくは納得できるような普遍的なものであると同時に、
ファンタジーの設定のなかでさえ、
現実の世界に通じるメタファーが込められているからかもしれない。

すごいなぁ。

ICO  -霧の城- Book ICO -霧の城-

著者:宮部 みゆき
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年2月19日 (土)

ラフリン

ドラマーの彼に連れられて、去年から2度目になるラフリンツアー中です。

ネバダ州ラフリンにあるカジノホテルで、ザイデコという音楽の仕事です。

ザイデコはニューオリンズ発祥の黒人音楽で、アコーディオンが特徴。

これにバイオリンが入ると、ケイジャンという、カントリー寄りの白人音楽になります。

ある程度決まったリズムが中心なので、最初聞いたときには、

「なんだ、どの曲も一緒だな」と思ったけれど、

いやはや、聞き込んでみると奥が深い!

黒人さんの音楽なので、グルーブがぶんぶんきいているので、

自然と体が動いてしまいます。

典型的なダンス音楽。今日もお客さんはのりのりでした。

おまけの私は、彼らが演奏しているあいだ、CDを売る係りです。

ボーカル&アコーディオンの、マーク セント メアリー。

この道40年のベテラン。004_2

のぼうの城

戦国時代、豊臣秀吉配下の石田光成率いる軍勢にたった数百ほどの武将と兵、村人総出で城を守るために立ち上がった武士どもの話。

一人ひとりの登場人物が、まるで映像を見るようにいきいきと描かれている。
しかも、これが史実を下敷きにしているらしいというから、さらに興味が湧く。

こんなかっこよくて、笑えて、ほれ込んでしまうような人間たちがいるのだなぁ。
いたのだなぁ。

のぼうの城 Book のぼうの城

著者:和田 竜
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年2月18日 (金)

ごはんのことばかり100話とちょっと

ごはんにまつわることごとを、
くいしんぼうのよしもとばななさんがつらつら書き綴ったエッセイ。

彼女の子供が2歳半の頃のエピソードが楽しい。

年を経るごとに消えていくお店や、会えなくなる人々への思いが切ない。

お店への素朴で、しかも鋭い感想がいい。

海外のごはんに、ほおーっとうなづく。

食欲って、人生と切っても切り離せない。

本の中にもあったけど、食べる気さえあれば、なんとか大丈夫。

っていう、一種のバロメータ的な部分もあるし。

一生生きてる間に、人は何回ごはんを食べるって、

どこかで知ったなぁ。

その数を見て圧倒されたっけ。

ああ、無駄にはできないな。

と思った。

一食一食。

何を食べるか、

どうやって食べるか、

誰と、どこで食べるか。

毎日のことだけにおざなりになるけれども、

それだけにとおっても深いごはんのこと。

いちいちうなづきながら読んだ本でした。

ごはんのことばかり100話とちょっと Book ごはんのことばかり100話とちょっと

著者:よしもと ばなな
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年2月12日 (土)

庭のリス

家の前のどんぐりの木に、リスがすんでいるようです。

以前からたびたび目撃してたんだけど、

昨日朝ごはん食べてたら、居間の窓の外からじーっとこっちを見るアイツを発見。

ときどき辺りを伺いながら、ずーっとしっぽを振っていた。

こっちに来たばかりのころは、街でリスを見かけるたびに大興奮してたなぁ。

今も見かけると、ちょっとうれしい。

P1180035_2

プロジェクトX リーダーたちの言葉

日本各地で、各企業で、また世界で偉業を成し遂げた人々の言葉たち。

みんなが慕い、ついていくリーダー。

まず自分が動く。

厳しいけれど、しっかりと、またあたたかく仲間を見守っている。

いざとなったら、失敗を自分で全て負う覚悟ができてる。

成功はみんなで祝う。

最後の一人になっても、あきらめない。

いくつになっても、頭が柔軟である。

やっぱり、でかいことやるひとって、

地道だけど、どこかどーーーんと突き抜けてる。

かっこういいなぁー

いいよね。

私は、変に頑張りすぎて体を壊してから、

もう頑張るのはやめたーって思ってたけど。

これだ!

って思うことに関しては、がんばろーと思う。

もし体を壊すようなことがあったら、

それは何かが違ってるんだろう。

この本のリーダーは、体も精神も、文字通り命も賭してる人ばかり。

頭が下がります。

プロジェクトX リーダーたちの言葉 (文春文庫) Book プロジェクトX リーダーたちの言葉 (文春文庫)

著者:今井 彰
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年2月11日 (金)

妹たちへー夢をかなえるために、今できること

小宮のえっちゃん、

(クレヨンしんちゃんがそう言ってたから、私もそう呼ばせてもらってます)

あがわさわこさん等、

一線で活躍する女性たちの、私たちに向けてのメッセージ集。

かっこいい女性たちの若い頃って、

きっとかっこいいんだろうなと思っていたけれど、

皆みっともないくらいがむしゃらだったり、

情けない思いをしてたり。

彼女たちの「今」を掴むための道は、

お世辞にもきれいにならされていたとは言えない。

でも、それが逆に自分に勇気をくれる。

自分も時々、「自分ってどうなのよ?」

って相当情けなくなるときも正直あるから。

中には、「うわ、このひと相当怒ってるな」

ていうのもある。

でも、それも愛に満ちてる。

若い世代に期待するからこそ、

あえて厳しい言葉をぶつけるというか、

「しっかりしなさいよ!自分の足で立ちなさいよ!」

って言いたくなるというか。

きっとそういう心境なんだろうと思う。

一人ひとりのメッセージを読むたびに、

彼女たちと面と向かって対話しているようにも感じる。

この本、結構長いです。

でも、読む価値はかなりありです。

妹たちへ (日経ビジネス人文庫) Book 妹たちへ (日経ビジネス人文庫)

販売元:日本経済新聞出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

子どもとハワイ

子どもとハワイ―Kauai Going to Hawaii with My Son (ダ・ヴィンチブックス) Book 子どもとハワイ―Kauai Going to Hawaii with My Son (ダ・ヴィンチブックス)

著者:根本 きこ
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハワイ・オアフ島の旅エッセイ。

ハワイ、行きたい・・・

ていうか、一回住みたい。

写真がきれいなので、何度も開いてしまう本です。

フリーランスはじめてみましたが・・・

もとIT関係、

脱サラして、フリーランス(本書いたり、絵を描いたり)になった筆者のフリーランス初期のことを書いたエッセイ。

この人は、会社を辞める前に、自分のブログで4コマ漫画を描いていた。

そこへ、本職だったコンピュータの知識が加わって、
フリーランスの仕事が成り立っている。

やりたいことは、小さくてもいいから、
とにかく自分で始めてしまおう。

と思った。

フリーランス はじめてみましたが・・・ Book フリーランス はじめてみましたが・・・

著者:きたみ りゅうじ
販売元:技術評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

プリンセスと魔法のキス

かえるに変えられた王子様が、
お姫様のキスで元に戻る・・・

誰でも知ってるおとぎ話を下敷きにしたファンタジー。
まあ、そんなものだろうなと思っていましたが、
いい意味で裏切られましたっ!

舞台はアメリカ南部、ニューオリンズ。
仕立て屋の母、労働者階級の父を持つティアナは、
将来父と一緒にレストランを作るのが夢。
そんな彼女が大人になった後の話。

劇中に入る歌の歌詞が心にじーんときます。
子供用の映画なんだと思うけど、
これは私たち世代にもぐっとくると思う。

夢がある。
それに向かって頑張ってる。
そう思ってるけど、本当に、正しい方向にいってるのかな?
自分って、本当は何が欲しいの?
自分って、本当はどんな人間なの??

表面は平気そうでも、実は心で迷っている。
そんな気持ち、だれでも持ったことがあるはず。

この映画を見て答えが見つかるわけではないけど・・・
でも、なにか、心がぽわっと明るくなるお話でした☆

プリンセスと魔法のキス [DVD] DVD プリンセスと魔法のキス [DVD]

販売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
発売日:2010/07/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ラブリーボーン

好きなこと。
初恋。
自分の未来・・・

おぼろげながらも見えてくる、14歳というとき。

これからしたいこと、いっぱいあるのに。
その前に自分の命が途絶えてしまったら・・・

ある悲劇によって命を奪われた14歳のスージー。
この世とあの世の狭間で彼女が思うこと、伝えたいこと。
そして、残されたひとびとの思い・・・

狭間の世界の美しさと不思議さに息をのむ。
残された家族たちが少女の導きによって事件の真相に迫るドキドキ。
14歳の少女の瑞々しい感情の描写・・・

クライマックス。
スージーの選択にやられたーという感じです。
でも、分かる気がする。
私もこっちを選ぶ。
だって、人生一度きりだもの。
それが女の子、っていう感じです。

普通のサスペンスじゃありません。
普通のラブストーリーでもありません。
ファンタジーなのかな?
でも、すごいリアルです。

心に残る映画でした。

ラブリーボーン [DVD] DVD ラブリーボーン [DVD]

販売元:角川映画
発売日:2010/07/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

cocobeebooks本日開店

いらっしゃいませ。

三度の飯より本が好き。

雨にも負けず、風邪にも負けず、

ひたすら本を読む本の虫のcocobeeです。

読んだ本の感想を書き溜めていたら結構な量になったので、

ブログにアップすることにしました。

本好きが高じて本屋になったオーナーが、

店にある本について一人で語っている・・・

という雰囲気で楽しんでいただければと思います。

好きなジャンルをクリックして、まだ読んでいない本について知るもよし、

読んだ事の無いジャンルをクリックして、新しい世界に飛び込むもよし。

本だけでなく、映画もちょこちょこ載せていきます。

さあ、今日も読書日和。

傍らにおいしいお茶とお菓子を用意して、本を読みましょうか。

トップページ | 2011年3月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30