フォト

L.Aつながりのリンク

  • ここびのキッチン @クックパッド
    レシピサイトクックパッドにレシピを載せ始めました・・・
  • etsy
    手作り品の販売サイト、etsyにlacoco920という名前で出品しています。
  • アトリエ
    手作りのレシピサイトにcocobeebooksが出張しています。
  • 吉田屋日本百貨店
    cocobeebooksがL.Aを舞台に、自分の体験を元にした小説を書いています。L.Aの日本人の様々な人生と、それぞれの決断。楽しく読めて、何かを得られる物語です。
  • 灰色の雨にうたれて・・・
    19歳で渡米、ブルースドラマーとして活躍するkunioさんの自伝。ゆるいイラストと硬派な文章が絶妙に面白いです。やればできる!という勇気がもらえるブログ。
無料ブログはココログ

« みつろうのリップバーム(レシピ) | トップページ | ひとりたび1年生 »

2011年3月30日 (水)

今日一日を、生き抜いて

和尚さん(と言っていいのかな)の、

今なすべきことをすべし、という話。

なにも変わらぬものはなく、

いいことはいいんだけれども、それさえにもとらわれず。

かといって刹那的に生きるのではなく。

という色即是空の解説や、

大工の木組みを下敷きにした、社会や企業の「人組み」の話、

今しかないこのときを最大限に生きることなど、

繰り返しやさしく説いてくれる。

いろいろな媒体の記事を1つにしているために、

同じ話が何回かでてくるが、それだけに、

彼が言いたい事が実にシンプルないくつかの事柄にしぼられていて、

それらが一番大切であるということがひしひし伝わってくる。

仏教の話が基本ではあるけれど、

クリスチャンの友達に話してもそうだね、と納得していた。

すべての大事なところは根本でつながっている。

というのも、すべては1つだからなんだけど・・・

繰り返して読んでいくことで理解が深まりそうな気がする。

また、読むたびに新しい発見がありそうな気がする。

この本は、読んでみてほしいです。

こういうときだからこそ・・・

この本はリンクがありません。

出版・プレジデント社、著者は松原泰道さんです。

« みつろうのリップバーム(レシピ) | トップページ | ひとりたび1年生 »

本(人生のためになりそうな本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469868/39417347

この記事へのトラックバック一覧です: 今日一日を、生き抜いて:

« みつろうのリップバーム(レシピ) | トップページ | ひとりたび1年生 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30