フォト

L.Aつながりのリンク

  • ここびのキッチン @クックパッド
    レシピサイトクックパッドにレシピを載せ始めました・・・
  • etsy
    手作り品の販売サイト、etsyにlacoco920という名前で出品しています。
  • アトリエ
    手作りのレシピサイトにcocobeebooksが出張しています。
  • 吉田屋日本百貨店
    cocobeebooksがL.Aを舞台に、自分の体験を元にした小説を書いています。L.Aの日本人の様々な人生と、それぞれの決断。楽しく読めて、何かを得られる物語です。
  • 灰色の雨にうたれて・・・
    19歳で渡米、ブルースドラマーとして活躍するkunioさんの自伝。ゆるいイラストと硬派な文章が絶妙に面白いです。やればできる!という勇気がもらえるブログ。
無料ブログはココログ

« 3色のバゲットサンドイッチ | トップページ | 武士道エイティーン »

2011年4月27日 (水)

船に乗れ!1

最初の、

「これを書くようになったきっかけは・・・」

ていうのが、まどろっこしくて、

読むのやめよっかな・・・と思ったけども、

読んでいるうちに引き込まれた。

音楽一族に生まれた主人公の、高校時代の話。

音楽の描写がいい。

どんな曲かすごく興味がわく。

オーケストラを指揮する先生のセリフも、

「音楽やる人って、こういう言い方する、する!!」

と思う現実味ありあり。

途中、「鳥の歌」という曲に関するエピソードが書かれているのだが、

その一文が心に残った。

「音楽家とは、この荒々しく残酷な世界を前に

小さくさえずる、一羽の鳥にほかならない」

音楽は、必ずしも生きるのに必要なものではない。

世界の状況によって持ち上げられたり、排斥されたり。

人間の身勝手によって簡単に翻弄される最たる物の一つだ。

不況下のアメリカで音楽をやっている人たちの近くに居ると、

本当にしみじみとそれを感じる。

でも、ミュージシャンはそれでも音楽をやめない。

小さな鳥たちは、声をからして、世界に歌う。

小さな羽根を羽ばたかせて、自分を表現する。

音楽ってやっぱりいい。

 【中古】文庫 船に乗れ! 1 合奏と協奏【10P22Apr11】【画】

« 3色のバゲットサンドイッチ | トップページ | 武士道エイティーン »

本(さらりと読める物語系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469868/39771416

この記事へのトラックバック一覧です: 船に乗れ!1:

« 3色のバゲットサンドイッチ | トップページ | 武士道エイティーン »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30