フォト

L.Aつながりのリンク

  • ここびのキッチン @クックパッド
    レシピサイトクックパッドにレシピを載せ始めました・・・
  • etsy
    手作り品の販売サイト、etsyにlacoco920という名前で出品しています。
  • アトリエ
    手作りのレシピサイトにcocobeebooksが出張しています。
  • 吉田屋日本百貨店
    cocobeebooksがL.Aを舞台に、自分の体験を元にした小説を書いています。L.Aの日本人の様々な人生と、それぞれの決断。楽しく読めて、何かを得られる物語です。
  • 灰色の雨にうたれて・・・
    19歳で渡米、ブルースドラマーとして活躍するkunioさんの自伝。ゆるいイラストと硬派な文章が絶妙に面白いです。やればできる!という勇気がもらえるブログ。
無料ブログはココログ

« お金のことでくよくよするな!ー心配しないとうまくいく 2010年10月25日読了 | トップページ | グラン・トリノ »

2011年5月17日 (火)

リトル・フォレスト

里山で暮らす女性のエッセイ的漫画。

(描いてるのは男性だけど・・・)

1巻が図書館になかったので、2巻だけ読みました。

2巻で終わってるようです。

これ、ほんとはもっと続くはずじゃなかったのかな・・・・?

最後の方かなりはしょってる感じでした。

でもまあそれでも、淡々とした感じでいいのかもしれないけど・・・

出る限り(図書館にある限り)、読み続けたい内容。

冬の間中、1年を通して蓄えた食糧で食いつなぎ、

春になったらまた、次の冬に備えて準備をする。

その繰り返しの里山の暮らし。

それだけを聞くと、なんだか単調な、鬱々とした感じを受けない事もないけれど、

実際の日々のこまごまとした風景をとってみると、実に生き生きとしている。

どの植物をいつ植えるかというのは、

ある意味ギャンブル的な要素もあり、

その結果の作物の出来にわくわくしたりがっかりしたり、

自然の移り変わりとその恵みを愛で、感謝し、

全てを五感で味わっている感じがする。

こういう生活、始めたら大変だろうと思うし、

虫も苦手だから本当にできるかどうか分からないけれど、

心から憧れる。

したたるような緑を見ると、わけもわからず涙がでる私。

きっと前世は、山の中で暮らしてたんだろうな。。。

リトル・フォレスト(2) (ワイドKCアフタヌーン) Book リトル・フォレスト(2) (ワイドKCアフタヌーン)

著者:五十嵐 大介
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« お金のことでくよくよするな!ー心配しないとうまくいく 2010年10月25日読了 | トップページ | グラン・トリノ »

マンガ(さらりと読める系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469868/40022597

この記事へのトラックバック一覧です: リトル・フォレスト:

« お金のことでくよくよするな!ー心配しないとうまくいく 2010年10月25日読了 | トップページ | グラン・トリノ »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30