フォト

L.Aつながりのリンク

  • ここびのキッチン @クックパッド
    レシピサイトクックパッドにレシピを載せ始めました・・・
  • etsy
    手作り品の販売サイト、etsyにlacoco920という名前で出品しています。
  • アトリエ
    手作りのレシピサイトにcocobeebooksが出張しています。
  • 吉田屋日本百貨店
    cocobeebooksがL.Aを舞台に、自分の体験を元にした小説を書いています。L.Aの日本人の様々な人生と、それぞれの決断。楽しく読めて、何かを得られる物語です。
  • 灰色の雨にうたれて・・・
    19歳で渡米、ブルースドラマーとして活躍するkunioさんの自伝。ゆるいイラストと硬派な文章が絶妙に面白いです。やればできる!という勇気がもらえるブログ。
無料ブログはココログ

« 鴨川ホルモー 2011年2月6日読了 | トップページ | 小麦粉&米粉・ハーフ&ハーフの肉まん☆レシピ »

2011年7月19日 (火)

愛のアランフェス 2011年2月6日読了

北海道・釧路。

父からフィギュアスケートの特訓を受けるあきみ。

シングルスケーターとして上京した彼女の前に、

「アランフェス協奏曲」を演じる一人の青年が。

どこかに憂いを帯びたこの青年・黒川によって、

あきみはペアスケートの世界へと足を踏み入れる・・・

初めての恋、初めての挫折。

自分のスケートはどこに行ってしまったの?

自分にとって、スケートってなんなんだろう・・・

それまで疑問も持たずに生きてきたスケートの世界と、

彼女は本気で向き合うようになる・・・

この時代、いいなぁ。

女の子が女の子らしく、男の子は男の子らしく。

純粋で、洒脱で。

母が持ってた萩尾望都さんのマンガもそうだけど、

かえって新しさを感じる。

彼らの描きかたがあるからかな?

友達に薦められてて、ずっと読んでなかったんだけど、

読んでよかったな。

愛のアランフェス 1 (集英社文庫―コミック版) Book 愛のアランフェス 1 (集英社文庫―コミック版)

著者:槇村 さとる
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 鴨川ホルモー 2011年2月6日読了 | トップページ | 小麦粉&米粉・ハーフ&ハーフの肉まん☆レシピ »

マンガ(さらりと読める系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469868/40873920

この記事へのトラックバック一覧です: 愛のアランフェス 2011年2月6日読了:

« 鴨川ホルモー 2011年2月6日読了 | トップページ | 小麦粉&米粉・ハーフ&ハーフの肉まん☆レシピ »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30