フォト

L.Aつながりのリンク

  • ここびのキッチン @クックパッド
    レシピサイトクックパッドにレシピを載せ始めました・・・
  • etsy
    手作り品の販売サイト、etsyにlacoco920という名前で出品しています。
  • アトリエ
    手作りのレシピサイトにcocobeebooksが出張しています。
  • 吉田屋日本百貨店
    cocobeebooksがL.Aを舞台に、自分の体験を元にした小説を書いています。L.Aの日本人の様々な人生と、それぞれの決断。楽しく読めて、何かを得られる物語です。
  • 灰色の雨にうたれて・・・
    19歳で渡米、ブルースドラマーとして活躍するkunioさんの自伝。ゆるいイラストと硬派な文章が絶妙に面白いです。やればできる!という勇気がもらえるブログ。
無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

わたくしの旅 2011年5月14日読了

「鬼平犯科帳」、「剣客商売」など、

テレビでも人気を博した時代劇の原作を書いた著者のエッセイ集。

昭和40年代ころ、雑誌や新聞等に掲載された物を集めているのだが、

政治のこと、物に踊らされる人間への批判等、

今読んでもはっとするような内容で興味深い。

他にも、べっこう屋や画家、どこかの社長など、

旅先でいくつかの「自分」を使い分け、

その「自分」で常連さんになっている話や、

1日の食事の内容を決めるのに心を砕く話など、

遊び心ある内容もあって楽しい。

このエッセイを読むと、池波正太郎というひとは、

良い意味で人生を軽く見ているというか、

人生のうまい泳ぎ方を知っているというような印象を受ける。

しかし、作中で本人も言っているように、

苦労話と色話はおおっぴらにするものではない、

と誰かに言われてからそれを守っているので、

苦労とは無縁のひとと他人から思われるようになってしまったらしい。

「武士は喰わねどたかようじ」

という言葉があるが、

実は苦労をしていても、それを見せない粋で潔い生き方が、

時代小説を書く彼だからこそ、ではないだろうか。

わたくしの旅 (講談社文庫) Book わたくしの旅 (講談社文庫)

著者:池波 正太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


2011年8月29日 (月)

石けんつくり・5

石けんつくり、4回目です。

今迄99センツショップ(日本の100ショップみたいな店)にあったオリーブオイルを使っていたのですが、

今回お店に在庫がなかったので、トレーダージョーのピュアオリーブオイルを奮発。

作ってみると・・・

前回より早くトレースが出た☆

型に入れるといつもより早く固まった☆

というわけで、今のところ、順調なのです☆

P7310001

現在は、こんなかんじ。

99センツのより、色が白い。

匂いも薄いです。

上品なかんじ・・・^^

9月23日には使えるようになるのです・・・

たのしみ☆

2011年8月26日 (金)

全てがゼロ、だから成功するー地図王への道 2011年5月12日読了

高度成長期の昭和30年代に青春時代をすごし、

サラリーマンにはなりたくない!

誰かに指図されたくない!

という意思と根性で、

地図の売り歩きからベストセラー「マップル」を出版する地図会社を一代で作り上げた著者の自伝。

この前に読んだ、経沢香保子さんの会社を作る本のノウハウが、

そこここに登場していて、一層納得しながら読んだ。

自分の会社の強み、基本を全社員に徹底すること、引き際のこと。

利益も大事だけれど、

何より社会的に貢献できることを商売にすること・・・

セールスマンからたたき上げの著者は、

確かにワンマン的なところもあるかもしれない。

でも、ストライキ時代の切り抜け方など、

「まず働いて結果を出してから、言え!」

という彼の言葉は、日本中を自分の身一つで地図を売り歩いてきたからこそ重みと真実味を持つ。

やることに一本筋が通っていて、それがぶれないことで、

人はついてくるし、社会的にも認められるということがこの本を読んで改めて分かった。

自分らしさをつらぬくこと、

それを生かして誰かのためになることを見つけ、

それを正しい方法でやり続けること、

結局はそれしかないんだな。

簡単、即成功できる方法が一時期巷に溢れていたけれど、

本当の意味で、多くの人と自分を幸せにするのって、

シンプルだけれど、それなりの努力がいる。

でもこういうのがホントは一番「簡単」なんだろうと思う。

自分の道さえ見付かれば。

全てがゼロ、だから成功する―地図王への道
Book
全てがゼロ、だから成功する―地図王への道
著者 黒田 敏夫
販売元 講談社
定価(税込) ¥ 1,260

2011年8月25日 (木)

シフォンケーキを横着したら、こうなりました☆レシピ

シフォンケーキを食べたい!というリクエスト・・・

うろおぼえの材料を買い集めたものの、家に帰ったら砂糖がない!

冷蔵庫を開けたら・・・このあいだのメキシコお菓子

(詳しくはこちら)

http://cocobeebooks.cocolog-nifty.com/blog/cocobeebooks_1/index.html

が残ってました。

これを砂糖代わりに使うことにしました。

材料:

小麦粉、80g

ベーキングパウダー、3g

ビターチョコ、120g

たまご、4個

塩、1つまみ

サラダ油、50g

牛乳、50g

砂糖(例のキャンディーも加えて)、合計70g

作り方:

1.卵の黄身と白身を分ける。

  白身に砂糖を35g入れて、固いメレンゲを作る・・・

はずが、キャンディーを入れたからか、メレンゲができない><

しょうがないので、できるだけ泡立てて使う事に・・・

2.チョコは湯煎で溶かし、粗熱が取れたら(固まらない程度に)黄身と35gを加え、

  しろっぽくなるまで練り混ぜる。

3.2のボウルにサラダオイル、牛乳の順で加え、良く混ぜ合わせる。

  小麦粉、ベーキングパウダーを入れてなめらかに。

4.3に1/3量のメレンゲを良く混ぜ、残りのメレンゲをふわっと混ぜる。

  (のが本当ですが、いかんせんメレンゲができてないので、テキトウに混ぜてお茶を濁す・・・)

5.型に流し入れ、180度のオーブンで40分から50分。串を挿して何もついてこなければできあがり☆

P7260045

出来上がりはこんなかんじ・・・

この間のチョコケーキより、ふわっとなりました。

シフォンケーキほどではないですが・・・

メレンゲの泡が、焼き上がりのケーキの空気穴(生地のぽつぽつ)になるんですねえ・・・

メレンゲがしっかり泡だっていればいるほど、シフォンケーキのふわふわがよりいいものになるんでしょうねえ・・・

油分がバターじゃなくてオイルなので、さっぱり。

チョコがダークで甘すぎないので、心持ヘルシー?

ピーナッツの砕いたのを入れたのですが、生地が軽いので、

ぜーんぶ沈んじゃいました。

あはは。

でもおいしいからいいかー。

いつかほんとのシフォンケーキを作りたいと思います・・・

2011年8月23日 (火)

Mandarin Noodle House

030_2

はい。今度はラーメンです!

中国系の人がたくさん住む、モントレーパーク。

最近大型ショッピングモールが出来たりして、にぎやかで元気な町です。

ラーメンの本場中国のラーメン・・・

なんだか「お袋の味」とでも言いたいような、じんわーりと沁みる味。

お気に入りは、ザーサイのラーメン。

(多分)チキンのスープに、ザーサイの塩味がほどよくマッチ・・・

野菜がたくさん、麺は少なめなので、女性でもぺろりといけちゃうかも・・・

とにかくスープがやさしくて、疲れたからだにじーんとしみわたっていく感じなんです・・・

いつも、これに餃子を頼みます。

032

大きな餃子!

とても一口では食べきれません。

口にいれると、じゅわーっと肉汁があふれ出て・・・

もちもちっとしたちょっと厚目の皮との相性ぴったり☆

でかいなー、食べきれるかなーと思いつつ、ぺろりと食べちゃいます。

ザーサイラーメンと、餃子で1200円ほど。($13.30くらいだったかな?)

二人で分けてもいいくらいの量なので、一人分だったら600円・・・

ここ、マンダリンヌードルハウスのサーバーさん達は素朴な中国の方達。

英語はあんまり話せないけど、笑顔と、気取らない態度がいい!

おじさんがサーブしてくれると、麺を小さなボウルに取り分けるサービスもしてくれます。

以前は中国系のお客さんが多かったけど、最近はいろんな国の人を見るようになりました。

じわじわ人気が出てるようです・・・

029

Mandarin Noodle House

http://www.yelp.com/biz/mandarin-noodle-house-monterey-park

2011年8月22日 (月)

Long Beach Shoreline Village

027

ロングビーチにあるショーラインビレッジというところでzydecoのギグがありました。

ここは、zydecoのフェスティバルが催される公園の道をはさんで向い側にある、

ボードウォークです。

海岸線にそって作られた板敷きの通りの周りに、コテージっぽいクラシックなスタイルの小さなお店やレストランが並んでいる、かわいいところです。

015 お店の合間に小さいですが開けた所があり、そこでセッティング。

写真の左側には海が広がっていて、かなり開放的ないい雰囲気☆

001 隣にあったアイスクリームやさんで、ピニャコラーダのスムージーを買って、

のんびり眺めました。

(バナナも入ってて、大きくて、大満足☆ここのスムージーはきっと他のもおいしいと思います。果物!って感じがする)

たくさんお客さんが集まってくださり、また、ものすごく盛り上がってました!

かなりナイスな人々で、笑顔、笑顔が絶えませんでした^^

普段、zydecoっていうと、それを聞きたい!というひとだけが時間を作って、お金を払ってくるという限定的な感じなのですが、

今回は、必ずしも音楽を目的にやってきていない人々が、音につられてやってくるというスタイルです。

こういう予期せぬイベントにこれだけの人数と、これだけの盛り上がりがいただけるとは!

また今度、いけたらいいなーと思います。

018 レストラン脇につながれていた、お澄まし2匹。

2011年8月21日 (日)

自分の会社をつくるということ 2011年5月11日読了

女性のトレンド感覚の情報を「売る」会社を作り、

今も活躍する女性社長の会社作りのノウハウ。

女性ならではの経営手法も知る事が出来るけれど、

それ以前の、どういう商売をしていくのか、

という最初の計画を作るところから丁寧に説明されている。

小さな事業を成功させる為に、

ニッチな市場でオンリーワンになることや、

会社のブランド力を作ること、

商品の差別化は、主観ではなく、客観でそう感じることができるように・・・

というような、独立志向がある人が知っているつもりでつめが甘くなりがちな部分をしっかり押さえている。

自分で何かをやっている人にはもちろん、

「自分自身」をマネジメントするためにも、

こういうことって、すごく役に立つかもしれない。

この本を読んで、彼女の会社のホームページを見たけれど、

当初より人も規模も増えたようである。

彼女のやり方の正当性を見た気がする。

自分の会社をつくるということ Book 自分の会社をつくるということ

著者:経沢 香保子
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


2011年8月20日 (土)

マザー・テレサー愛はかぎりなく2011年4月28日読了

身一つでインドのスラム街に飛び込み、

愛を世界中に広げた女性・マザーテレサを、

20年近く取り続けたカメラマンの写真集。

モノクロの写真が、がつんがつんと訴えてくる。

ところどころに散りばめられたマザーの言葉にはっとする。

「私は、不親切で冷淡でありながら奇跡を行うよりは、

むしろ親切と慈しみのうちに間違うほうを選びたいと思います。」

私たちのほとんどは、

もっともなことを言いながら、自分が犠牲になることを躊躇う。

マザーは偉大だ。

小さな私たちは、彼女の言葉に救われる。

「何もしなくてもいい。

そこに苦しんでいる人がいることを知るだけでいいのです。」

・・・でもやっぱり、

そこから1歩踏み出してなにかすることが、

今のわたしたちに求められていると思う。

マザー・テレサ―愛はかぎりなく Book マザー・テレサ―愛はかぎりなく

著者:沖 守弘
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年8月19日 (金)

メキシカンスーパーのお菓子・1

私がすんでいる界隈は、メキシコの人が結構住んでいるのです。

週末になるとマリアッチという、ギターや歌が賑やかな彼らの伝統音楽が夜中まで響いてたりします。

ある国の人口密度が増えてくると、お店やなんかもそれにシフトしたものになります。

当然ここら辺にあるのは、メキシコ系。

スーパーに行くと、野菜から、インスタント食品から主食まで、メキシコ系のものが揃っています。

お菓子も、見た目ではなんだかわからないものがたくさん。

今迄ちょっと躊躇していたのですが、せっかく人種のるつぼにいるのに勿体無い!

と思って、これからちょっとずつ、いろんな国の食べ物をつまんでみようと思い立ちました。

で、最初はこれ。

P7180001

「ミルクキャンディー」と書いてありました。

人間、今迄食べた事のあるものデータと目の前のものを照合して、

なんとなく味を想像するものです。

でもそれは見事に裏切られる・・・ということの代表みたいな感じです。

(多分これから食べる物は、大体そういうことになるんでしょうけど)

なんとなく、中国のアーモンドクッキーみたいかな・・・なんて思ってたんですが、

家に持って帰るまでに美しい模様が消えてしまったのを見て、「あ、違う」と早速気付く。

柔らかいのです。そして、面白い味です。

なんだか、クッキーを作るときにバターと砂糖をすり混ぜたのを味見した、っていう感じ。

ミルクの風味と、がつんとくる砂糖の甘みと柔らかい中にしょりしょりとした食感。

清楚な見た目のイメージを華麗に払拭する濃さです。

ミルクの風味も、(食べた事ないけど)「なんか、やぎ・・・?」と思うような、

濃厚な感じ。

完食しちゃうと、多分1日の砂糖摂取量をかるーく越えちゃいそうなので、

今度クッキーを作るときに活用しようと思って、とっておくことにします。

2011年8月18日 (木)

青空について 2011年4月28日読了

絵と、本の手触りが気になって借りた本。

詩集です。

言っている事は、人生についてのごくごく当たり前のこと。

自己嫌悪、気にしい、でもきっとそれでも自分が好き・・・

みたいな、青春スーツばりばりの詩がたくさん。

誰しも一度は通過する時に思うこと。

でも、それを詩にして、出版できるというのは、

やはり著者の物書きとしての才能なり、実力なりがなすところだろう。

大勢の人が思いつつ、実現できないことをやり遂げるというのが、

「他と違う人」なのだもの。

青空について
Book
青空について
著者 原田 宗典
販売元 光文社
定価(税込) ¥ 1,260

2011年8月16日 (火)

樹のあるところに、住みたくなったからーオレゴン州ポートランドのゆるやか暮らし 2011年4月28日読了

9年住んだニューヨークから、

のんびり、木と蜜の香りのするポートランドに移り住んだ著者の、

2年間の記録エッセイ。

地元のエコな取り組みや、アートシーン、

ポートランドの暮らしがとても魅力的。

わたしも木と水のあるところを欲しているので、

「ああ、いいなぁ!!!」

と何度も思う。

季節の料理レシピもおいしそう。

彼女自身、このポートランド暮らしの2年間で、

いろいろと変化があったらしく、

最後の方のくだりは、ちょっと泣きそうになった。

ああ、分かるな・・・と。

海外暮らしのことだけでなく、人生まで考えてしまった本でした。

樹のあるところに、住みたくなったから。―オレゴン州ポートランドのゆるやか暮らし Book 樹のあるところに、住みたくなったから。―オレゴン州ポートランドのゆるやか暮らし

著者:渡辺 葉
販売元:二見書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年8月15日 (月)

オーガニック入門 2011年4月19日読了

巷に溢れるオーガニック。

でも、オーガニックのほんとはなに?

とか、なんでオーガニックなの?

ていうのは、「健康にいいから。。。じゃない?」

みたいな感じで、あいまいだったわたし。

この本は、

「なぜ、オーガニックなのか」というところに答えてくれる本です。

オーガニックの知識を知る事が出来るのはもちろんなんですが、

わたしはあるページのくだりがとても気になりました。

以下抜粋です

「私自身、本来の意味での『オーガニックライフ』を意識する事で、絶えず自分の内面に目をむけ、他人の視点ではなく、自分の目で、人、モノ、コトをしっかり見分ける習慣が身につきました。
物事の根本的なものに目を向けると、自分で判断、決断することが楽しくなるものです」

「こんな現実であっても、どんな状況で暮らすことになっても、
 自分の考え、そして知識と信頼できる情報をしっかり持って、自分自身がよいと確信したものだけを選んでいると、いろいろなことに惑わされる事もなくなるのではないでしょうか」

「予期せぬ何かが起こったときも、オーガニックのような『根本的な、本来の』要素をきちんと認識していると、むやみに自分やまわりを責めたりせず、ひらきなおりで逃げたりもせず、『どうしてこうなったのか』『どうすれば解決するのか』という視点で物事を考え、とらえるようになれるはずです」

思わぬところで、人生のヒントをもらえました。

思わずひざをぽんと打ってしまった(古いですけれど)。

オーガニック入門―心も体もうれしい毎日
Book
オーガニック入門―心も体もうれしい毎日
著者 岡村 貴子
販売元 ソニーマガジンズ
定価(税込) ¥ 1,575

2011年8月14日 (日)

甘党流れ旅 2011年4月19日読了

 甘味につられ、津々浦々47都道府県を旅したエッセイ。

そこここのおいしいものを想像して楽しみ、

おいしいものをひたすら正直に作る人々の話にうなずき・・・

いいものを作り続ける事、その心がすばらしい。

今度日本に帰ったら、行きたいところがたくさんできました。

あそこ行きたい、ここ行きたいと言いながら、

どこへも行かない出不精なわたし。

でも人生1度きり。見たいもの、食べたいもの、制覇したいし、

やりたいことやらなきゃ。

大台も踏んだことだし、ちょっとやる気です。

甘党流れ旅
Book
甘党流れ旅
著者 酒井 順子
販売元 角川書店
定価(税込) ¥ 1,575

2011年8月13日 (土)

パーシージャクソンとオリンポスの神々シリーズ 2011年4月5日読了

いやー先週1週間、どっぷりはまらせてもらいました!

ギリシャ神話の神々が、アメリカにぜーんぶ引っ越してきていた、

という設定。

神々と人間との間に出来た子どもたち「ハーフ」が、

神話と現実の世界をまたにかけて冒険するという話。

基本は、英雄の冒険活劇。

でも、ギリシャ神話と現代の文化がうまくからまっていて、

たのしい。

ハリーポッター好きなら気に入るファンタジー系です。

でも、ハリーポッターと違うのは、

シリアスな面でもなんだかユーモラスなところ。

5巻全部出ていたので、

1冊1冊じりじり待たなくてよかった。

全巻そろえて、一気読みがおすすめです。

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃 Book パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃

著者:リック リオーダン
販売元:ほるぷ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年8月12日 (金)

まこという名の不思議顔の猫 2011年4月5日読了

 前から雑誌とかで見かけていた、まこ。

三角の目の不思議顔の猫の写真集です。

なんでこんなにぶさいくなんだ!

なんでこんなにかわいいんだ!

犬派のわたしですが、何回もぺらぺら眺めてしまった。

まこという名の不思議顔の猫 (MARBLE BOOKS) Book まこという名の不思議顔の猫 (MARBLE BOOKS)

著者:前田 敬子,岡 優太郎
販売元:マーブルトロン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年8月11日 (木)

イグ・ノーベル賞 大真面目で奇妙キテレツな研究に拍手! 2011年4月2日読了

誰も真似できないような偉業を成し遂げた人に贈られる、

ノーベル賞。

一方、

誰も真似できない(真似すべきでない)「異」業を成し遂げた人のために作られたのが、この本のテーマ、イグノーベル賞です。

イグノーベル賞委員会、本物のノーベル賞受賞者のほか、

公平を期すためにそこらへんに通りかかった人も選考に加わる、

このイグノーベル賞。

なんとも気の抜けた感じですが、

その受賞式はハーバード大学で行われるという大掛かりな賞です。

「ハトに芸術家の絵を識別できるようにしつける研究」とか、

「コーンフレークがべちゃべちゃになるまでの観察」とか、

誰かのためになるような研究をしている人はあんまり出てきません。

でも、こういうのをしているのが、立派な大学の研究者だったりするから面白い。

ノーベル賞もイグノーベル賞も普通の人が考えないようなことを発想した人に与えられる。

それが偉業とされるか、「異」業とされるか。

それは紙一重な気がする。

ほとんどの人がイグノーベル賞授賞式に出席しない中、

海外から自費で式にくる人もいる。

こういうのを始めて、

しかも立派なところで開催するっていうのは、

アメリカ人のいいところだな。

授賞式に来る人、それから協力してるノーベル賞の人も、

いい。

そういう、なんでも面白がるところが、でっかい人になる要因のひとつな気がする。

イグ・ノーベル賞 大真面目で奇妙キテレツな研究に拍手!
Book
イグ・ノーベル賞 大真面目で奇妙キテレツな研究に拍手!
著者 マーク・エイブラハムズ
販売元 阪急コミュニケーションズ
定価(税込) ¥ 2,520

2011年8月 9日 (火)

味写入門 2011年4月2日読了

フィルム写真時代、現像してみると、

魔(もしくは、神?)が降臨したような1枚が見付かる事がある。

芸術的なピンボケ、どこかの誰かが堂々と真ん中にいる、とか。

ほぼ日刊イトイ新聞に寄せられた素人さんのそんな写真たちを、

「味写」というらしいです。

そしてこれは、それの本。

デジカメ時代になって、わたしたちの写真力は向上した(かもしれない)けれど、

撮るたびに「いい」写真、「悪い」写真を選べるようになってから、

フィルム時代に紛れ込んだ魔(神)の瞬間が圧倒的に減ってしまったかもしれないです。

ページをめくるたびに、思わず吹き出してしまったり、

二度見してしまう写真の連続。

いいです、この本。

味写入門(あじしゃにゅうもん) Book 味写入門(あじしゃにゅうもん)

著者:天久 聖一
販売元:アスペクト
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年8月 8日 (月)

ウェディングのアクセサリー

友達のウェディングのアクセサリーつくりを頼んで頂きました・・・

今迄気ままに、テキトウーに、あるモノでアクセサリーを作ってきた私・・・

ウェディングという、一世一代の催しのためにアクセサリーを作る!!!

なんて、でっかすぎて、頼まれた時はどうしよう・・・と思いました。

でも、「頼まれる事はできること」、とどこかの本に書いてあったので、

弱気は隠して、「まかして!」なんて豪語しちゃいました。

「シンプルなのがいいんだよね」といくつか気になるデザインをピックしてもらったものを元に・・・

で、できたのが、これ・・

P7110014_2

パールとローズクオーツのネックレス

P7110008

ピアス

P7110009

お色直し&普段用にサプライズプレゼントで珊瑚とパールのネックレス・・・

ハワイで挙式なので、なんていうか、爽やかでさりげない神々しさみたいなのが出るといいな・・・と。

スリフトショップで、ティファニー色のベルベットのボックスがあったので、

「よっしゃ!」と思って即購入。

彼女のお財布の色もティファニー色のグリーンなので、見つけられたのはほんとにラッキーだな・・・

喜んでもらえるといいな・・・と思います。

喜びの日の手助けができるって、嬉しいですね・・・

しみじみ幸せをかみしめちゃいました。(一足先に・・・)

2011年8月 7日 (日)

La Salsa

せっかく生きてるなら、おいしいもの食べたいですよねー。

普段は家で食べてますが、ときどき外で食べる時もあります。

外で食べるなら、「う、、、、うまい!!!!!」っていうくらいおいしいとこがいい。

さらに言えば、有名どころもあれだけど、自分で発見したおいしいところがいい。

ということで、この3年間で見つけたう、うまい!な店をご紹介していきたいと思いまして・・・

まずは、行きやすいところに・・・

kitson、H&M、アンソロポロジー等々、流行のお店が並ぶ、

サンタモニカの3rdプロムナードのかどっちょにあるお店、La Salsaです。

P7100023

チェーンなんですが、タコベルとかみたいなそこら中にあるファストフード系とはちょっと違う。

なんというか、「ちゃんとわかって、ちゃんとおいしく作ってる」という感じです。

キャッシャーとキッチンをぐるっと囲んだ店内。

アミーゴたちが注文を受けてから目の前で調理していきます。

肉や魚が焼けるおいしいにおいがお店に充満していて、

食べる前からわくわく☆

私のお気に入りは、ベラクルスのエビ。

たっぷりエビが入ったブリトーにチップスとサイドがついてきて、$10以下!

P7100022

サイドはサラダ、ライス、ビーンズ等々から選べます。

ブリトーにアップ!

P7100021にんにくが効いた焼きエビがぷりぷり☆

新鮮野菜ととろーりチーズ、ライスのバランスが絶妙・・・><

昨日も食べましたが、書いてるだけでまた食べたくなってきました^^;

トルティーヤチップスのソースなども、キッチンとは別の所に並べてあって取り放題☆

平日の夜もお客さんでいっぱいです。

お買い物の途中でぜひ寄っていただきたい・・・

メキシコ料理に開眼しますよっ^^

La Salsa Fresh Mexican Grill

1401 3rd Street Promenade, Santa Monica, CA 90401

2011年8月 6日 (土)

はぎれの整理。。。パッチワークのクッションカバー

Tシャツバッグを作ると、はぎれが出ます。

模様が気になって買うTシャツなので、はぎれも捨てられない。

それがたまって、たまって。

はぎれの箱がぱんぱんになってなんだか落ち着かないのです。

はぎれの活用といったら、パッチワークか・・・

と思い立ち、ミシンでパッチワークしてみました。

P3040074

縦の幅だけを揃えて生地を切って行き、

クッションの大きさに合わせて生地を並べて、中表に合わせて横をつないで帯みたいにして。

それを縦に並べて、それぞれをまた中表でつないでいって・・・

クッションを覆う大きさの1枚の布にしたら、中表で周りを縫って返しておしまい。

「中表で合わせて直線縫い」一本でできます。

Tシャツ生地なので、端っこを処理しなくてもほつれないし、

洗うといい具合に縮んで、ぴちっとなっていい感じ。

後ろのクッションは、裾上げしたジーンズの残りとか、手ぬぐいとか、友達からもらった布の切れ端なんかもコラージュしてみました。

手作りがまた増えて、

家がより「自分のもの」「自分の暮らし」になってきたようでうれしくなります。

Tシャツから作るバッグのレシピはこちら

http://cocobeebooks.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/t---d2e2.html

2011年8月 5日 (金)

スペインひるねぐらし 2011年3月25日読了

前世はスペイン人だったに違いないと信じている著者の、

スペインの小さな町で暮らしたエッセイ。

のんべいで、すけべいで、べらんめいな著者。

彼と似たり寄ったりの町の面々の、むちゃくちゃさが面白い。

居酒屋とかに行くとこういう面白いおじさんがいるけど、

そういう人の酒飲み話を聞いている感じである。

世の中には本当にいろんな人がいて、いろんな価値観があって、

そういうのを知れば知るほど、

もうなんだかわからないな、と思うようになる。

なんでもありである。し、

だからこそ、みんなみんなが平和で笑顔であるということの大切さも感じる。

この人の肝臓の端っこがほしい。

スペインひるね暮らし
Book
スペインひるね暮らし
著者 中丸 明
販売元 文藝春秋
定価(税込) ¥ 1,700

2011年8月 3日 (水)

オトナのおこさまランチ&ビーズのとかげ再・祝!

お弁当の残りを一皿に盛ってあったのです。

ごはんと味噌汁を添えて食べようと思ったときに、ピーン☆

P7070002 ゆかりごはんにして、カップに詰めて、乗っけて・・・

「オトナのおこさまランチ」☆

飲み物はオレンジジュースじゃなくて、マッコリ・・・

一人で悦にはいる私。

ちなみに、メニューは、

照り焼きハンバーグ(豚肉、しいたけ、たまねぎ、卵のハンバーグで)

たまごやき(だしをきかせて)

オクラのポン酢かつおぶし和え(オクラはお水のはいったボウルで2分チンすればゆであがり☆)

です。

なかなかです。

さて。

再び、ビーズのとかげのパターンが売れました☆

今度は、大学時代の友人と同じ故郷の方。

前回に引き続きまた、知っている土地の方でびっくり。

(でもシャイなので、「友達の故郷なんですよー!」なんて言えませんが)

とっても丁寧で、気持ちのいい方で、ありがたかったです。

初めての海外サイトでの購入、初めてのペイパル使用、ときっといろいろ大変だったと思うのですが・・・

思い切って買ってくださったこと、本当にうれしい!

メールでPDFファイルを送信するのですが、

「無事届きました」と、早速お返事くださって・・・><

感謝、感謝です。

お買い上げ、ありがとうございます!

パターン、分かりやすいといいな・・・

楽しんで作ってくださるといいな・・・・と心から願っています。

私も、今度結婚する友人のために色違いのとかげを作る予定です。

リングに見立てたおまけとか、つけようかな・・・なんて。

P7010020 ビーズのとかげのパターンは、こちらから購入できます☆

http://www.etsy.com/listing/71719752/pdf-tutorial-beaded-salamander-cell

手作り品販売サイトetsyと、paypalについてちょこっと書いた記事はこちら。

http://cocobeebooks.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/etsypaypal-b480.html

作り方のポイントは、アトリエで無料公開中!

http://atelier.woman.excite.co.jp/creation/27120.html

※2011年11月より、

ビーズのとかげの作り方が購入できる日本語ネットショップもオープンしました!

すぐ作り始められるダウンロード版と、モデルとかげちゃん付きのお得な郵送版^^

http://cocobeecrafts.cart.fc2.com/

こちらからどうぞー!

2011年8月 2日 (火)

long beach crawfish festival

ザイデコのフェスティバルもいよいよ終盤です。

昨日はロングビーチで。

015 ザイデコは、ロングビーチとサンディエゴがあついようです。

この間食べて感動したピーチコブラーをまた買う。

001ザイデコフェスティバルには老若男女が集まりますが、

特にいいなぁ、と思うのは、おじいちゃんおばあちゃんのカップル。

二人で来て、ゆっくりお酒なんか飲みながら、ときどき踊ってる・・・というのを見かけます。

アメリカって、こうやってダンスする文化があるのはいいと思う。

019 ザイデコの目玉は、ざりがに!

こーんなでっかい鍋でがつがつゆでます。

ふたにはびよんびよんとうごくザリガニのワンポイント。

こういうユーモアもいいところ。

鍋を扱うおじさんたちは、ざりがにに負けず、まっか。

大変だろうなー。

フェスティバルの季節はもう終わり。

さみしいなー!!!

2011年8月 1日 (月)

イギリス式お金をかけず楽しく生きる 2011年3月25日読了

イギリス人の暮らし方を書いたエッセイ。

お金をかけずに楽しく生きる、

という表題が内容と合っているのかは分からないけれど、

かえって、表題から期待していなかったことが読めてよかった。

イギリスの人は、人、ものを厳選する。

厳選するのはブランドとか見栄を満たすかどうかではなく、

破れた中古のワンピースなら素材としてどうか、とか、

古い壊れかけた家なら、土台としてどうか、とか、

そういうところを見る。

そして、一旦納得したならば、とことん付き合う。

というスタンス。

それが転じて、「お金をかけず」に、

自分の納得したものと一緒に生きて、「楽しい」となるのだろう。

彼女のこのエッセイが個人的にしっくりくるのは、

「(日本人でありながら)かの国の代表(と自称している)であるわたし」と、

「(日本の価値しか知らない)日本人のあなたたち」という

海外エッセイにありがちな設定で話を進めるのではなく、

彼女も、あくまで自分が「日本人」であるということが念頭にあるというところがあると思う。

節約術というより、ものの考え方に示唆を与えてくれた本です。

人付き合い、ものとの付き合い等々に思うところのある人は、

読んでみるといいかも。

イギリス式お金をかけず楽しく生きる (+α文庫) Book イギリス式お金をかけず楽しく生きる (+α文庫)

著者:井形 慶子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30