フォト

L.Aつながりのリンク

  • ここびのキッチン @クックパッド
    レシピサイトクックパッドにレシピを載せ始めました・・・
  • etsy
    手作り品の販売サイト、etsyにlacoco920という名前で出品しています。
  • アトリエ
    手作りのレシピサイトにcocobeebooksが出張しています。
  • 吉田屋日本百貨店
    cocobeebooksがL.Aを舞台に、自分の体験を元にした小説を書いています。L.Aの日本人の様々な人生と、それぞれの決断。楽しく読めて、何かを得られる物語です。
  • 灰色の雨にうたれて・・・
    19歳で渡米、ブルースドラマーとして活躍するkunioさんの自伝。ゆるいイラストと硬派な文章が絶妙に面白いです。やればできる!という勇気がもらえるブログ。
無料ブログはココログ

« 青空について 2011年4月28日読了 | トップページ | マザー・テレサー愛はかぎりなく2011年4月28日読了 »

2011年8月19日 (金)

メキシカンスーパーのお菓子・1

私がすんでいる界隈は、メキシコの人が結構住んでいるのです。

週末になるとマリアッチという、ギターや歌が賑やかな彼らの伝統音楽が夜中まで響いてたりします。

ある国の人口密度が増えてくると、お店やなんかもそれにシフトしたものになります。

当然ここら辺にあるのは、メキシコ系。

スーパーに行くと、野菜から、インスタント食品から主食まで、メキシコ系のものが揃っています。

お菓子も、見た目ではなんだかわからないものがたくさん。

今迄ちょっと躊躇していたのですが、せっかく人種のるつぼにいるのに勿体無い!

と思って、これからちょっとずつ、いろんな国の食べ物をつまんでみようと思い立ちました。

で、最初はこれ。

P7180001

「ミルクキャンディー」と書いてありました。

人間、今迄食べた事のあるものデータと目の前のものを照合して、

なんとなく味を想像するものです。

でもそれは見事に裏切られる・・・ということの代表みたいな感じです。

(多分これから食べる物は、大体そういうことになるんでしょうけど)

なんとなく、中国のアーモンドクッキーみたいかな・・・なんて思ってたんですが、

家に持って帰るまでに美しい模様が消えてしまったのを見て、「あ、違う」と早速気付く。

柔らかいのです。そして、面白い味です。

なんだか、クッキーを作るときにバターと砂糖をすり混ぜたのを味見した、っていう感じ。

ミルクの風味と、がつんとくる砂糖の甘みと柔らかい中にしょりしょりとした食感。

清楚な見た目のイメージを華麗に払拭する濃さです。

ミルクの風味も、(食べた事ないけど)「なんか、やぎ・・・?」と思うような、

濃厚な感じ。

完食しちゃうと、多分1日の砂糖摂取量をかるーく越えちゃいそうなので、

今度クッキーを作るときに活用しようと思って、とっておくことにします。

« 青空について 2011年4月28日読了 | トップページ | マザー・テレサー愛はかぎりなく2011年4月28日読了 »

いろいろ食べ物(cocobeebooksセレクトのおもしろい食べ物たち)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469868/41271656

この記事へのトラックバック一覧です: メキシカンスーパーのお菓子・1:

« 青空について 2011年4月28日読了 | トップページ | マザー・テレサー愛はかぎりなく2011年4月28日読了 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30