フォト

L.Aつながりのリンク

  • ここびのキッチン @クックパッド
    レシピサイトクックパッドにレシピを載せ始めました・・・
  • etsy
    手作り品の販売サイト、etsyにlacoco920という名前で出品しています。
  • アトリエ
    手作りのレシピサイトにcocobeebooksが出張しています。
  • 吉田屋日本百貨店
    cocobeebooksがL.Aを舞台に、自分の体験を元にした小説を書いています。L.Aの日本人の様々な人生と、それぞれの決断。楽しく読めて、何かを得られる物語です。
  • 灰色の雨にうたれて・・・
    19歳で渡米、ブルースドラマーとして活躍するkunioさんの自伝。ゆるいイラストと硬派な文章が絶妙に面白いです。やればできる!という勇気がもらえるブログ。
無料ブログはココログ

« 僕は坊さん。 2011年6月6日読了 | トップページ | あやめ横丁の人々 2011年6月19日読了 »

2011年9月12日 (月)

香水作り・1

さて。

石けんつくりも一段落したので、そろそろ違う物を作りたいなーと思っていて・・・

ずっと前から作りたかった香水に着手することにしました!

(写真はイメージです)

元はといえば、私が大好きな香水が販売中止になってしまったのがきっかけ。

好きな香りを身に付けているだけで、心の状態が全然違いませんか・・・?

それを、自分で作り出せたらもっと楽しいですよね・・・?

というわけです!

香水を作るのに、ポイントと思うところ・・・

A.香りについて

B.材料

C.作り方

こんな感じですかね?これを少しずつ説明していきたいと思います。

まずはA.香りについて。

手作り香水の香りについては、もちろん、自分の好きな香りを中心に選びます。

薔薇に代表されるフローラル系、ムスク系、ちょっと変わった所でスパイス・・・等々、

普段の生活でも、香水に限らず、ふと香った空気にふわわーんとハッピーな気持ちになることがあるはず。

その香りを好きに調合して、自分だけの香りを作っていくわけです・・・

さて。

香りにもいろんな性格があることは、香水好きな方ならご存知と思います。

しゅっと吹き付けたときに、最初に立ち上がるのがトップノート。

次に奥ゆかしく、また香水の中心性格として出てくるのがミドルノート。

トップとミドルをひそかに支えつつ、最後に残り香として余韻を残す、ラストノート。

基本的に好きな香りを調合していいと私は思うのですが、

やはり、この3つのノートをバランスよく配合することで、より一層香水の魅力が出ると思います。

なので、最初に自分の好きな香りを選んだ後に、

足りないノートの香りから自分の好きな香りを再度プラスしていくといいんじゃないかと思います。

「それはわかったけど・・・私の好きなイランイランとか、ジャスミンて、どこの部類なの?」

と思われるでしょう。

なので、次回で、それぞれのノートのいくつかをご紹介していきます・・・

« 僕は坊さん。 2011年6月6日読了 | トップページ | あやめ横丁の人々 2011年6月19日読了 »

自然派生活(コスメ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469868/41643303

この記事へのトラックバック一覧です: 香水作り・1:

« 僕は坊さん。 2011年6月6日読了 | トップページ | あやめ横丁の人々 2011年6月19日読了 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30