フォト

L.Aつながりのリンク

  • ここびのキッチン @クックパッド
    レシピサイトクックパッドにレシピを載せ始めました・・・
  • etsy
    手作り品の販売サイト、etsyにlacoco920という名前で出品しています。
  • アトリエ
    手作りのレシピサイトにcocobeebooksが出張しています。
  • 吉田屋日本百貨店
    cocobeebooksがL.Aを舞台に、自分の体験を元にした小説を書いています。L.Aの日本人の様々な人生と、それぞれの決断。楽しく読めて、何かを得られる物語です。
  • 灰色の雨にうたれて・・・
    19歳で渡米、ブルースドラマーとして活躍するkunioさんの自伝。ゆるいイラストと硬派な文章が絶妙に面白いです。やればできる!という勇気がもらえるブログ。
無料ブログはココログ

« 求めない 2011年8月9日読了 | トップページ | 坊主失格 2011年8月11日読了 »

2011年11月17日 (木)

星の輝き 2011年8月9日読了

シドニィ・シェルダンって男の人だったのね。

この本を読むまで知りませんでした^^;

不遇な生い立ちながら生まれ持った美しさと才覚で、

アメリカの不動産王になるララの話。

女性ながら不動産王になる道程は簡単ではないのだけど、

彼女の強い意志で、たくさんの人を魅了してのし上がっていく。

彼女の周りで起きる事故に見せかけた数々の殺人の犯人は、

意外といえば意外、でも、なんかさらっと終わってしまう。

大どんでん返し、とまではいかないかな。

それより、彼女の不動産の手に入れ方が面白い。

自分の手持ちで足りない部分を不動産の持ち主自身に借りる・・・?

それをどうやって返すのかを説明するんだけど、

ちょっとむつかしくてわかんなかった^^;

不動産はどうやって他人のお金を使うかにかかっているらしい。

つまり、相手を納得させて財布の紐をゆるめさせる頭が大事ってこと。

彼女も実際、ほとんどお金がない状態からスターダムを駆け上がる。

フィクションとはいえ、こういうやり方が不動産大国アメリカで結構あったんじゃないかな・・・

だからこそ、この間の大不況が起こったんだろうけど^^;

「明け方の夢」の方が面白かったな!

でも、これも面白かった。

41ttcvev5zl_bo2204203200_pisitbstic

シドニィ シェルダン 著 アカデミー出版

明け方の夢〈上〉
Book
明け方の夢〈上〉
著者 シドニィ シェルダン
販売元 アカデミー出版
定価(税込)

¥ 670

« 求めない 2011年8月9日読了 | トップページ | 坊主失格 2011年8月11日読了 »

本(読み応えのある物語系)」カテゴリの記事

コメント

この本、出版されて学生の時直ぐに何回も読直した思いでの本。
でも一度手放して10年程したとき、読直したかったけど、
タイトル忘れて、中々分からなかったけど今日調べててようやく
タイトルがこのサイトがきっかけで分かった。
今度は本を手に入れるだけ。今度は手放さないでおくことにします。

思い出の旅人さま

思い出の本探しのお役にたてて光栄です。
一度読んだ本、内容は覚えていて、また読みたいと思っているのに探しきれないもどかしさ、すごくよくわかるので、
今旅人さまがすっきり!されたお顔でこの本を読まれている情景を思い浮かべて、私もうれしくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469868/43042361

この記事へのトラックバック一覧です: 星の輝き 2011年8月9日読了:

« 求めない 2011年8月9日読了 | トップページ | 坊主失格 2011年8月11日読了 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30