フォト

L.Aつながりのリンク

  • ここびのキッチン @クックパッド
    レシピサイトクックパッドにレシピを載せ始めました・・・
  • etsy
    手作り品の販売サイト、etsyにlacoco920という名前で出品しています。
  • アトリエ
    手作りのレシピサイトにcocobeebooksが出張しています。
  • 吉田屋日本百貨店
    cocobeebooksがL.Aを舞台に、自分の体験を元にした小説を書いています。L.Aの日本人の様々な人生と、それぞれの決断。楽しく読めて、何かを得られる物語です。
  • 灰色の雨にうたれて・・・
    19歳で渡米、ブルースドラマーとして活躍するkunioさんの自伝。ゆるいイラストと硬派な文章が絶妙に面白いです。やればできる!という勇気がもらえるブログ。
無料ブログはココログ

« トットの欠落帖 2011年10月4日読了 | トップページ | ファーマーズマーケット »

2012年2月18日 (土)

引越し気分でモノを見極める

帰国まであと3日。

昨日、今日とで送る荷物を運送会社さんに預けに行きました。

夏物が主で、ダンボール2個に納まりました。

こっちに来るよりモノが減りました。

残ったものがさて、スーツケースに納まるかどうかというところですが。

海を渡る引越しは、

「これを持っていく、これは持っていかない」

という見極めが国内より厳しい感じがします。

車で移動できる範囲なら適当に詰めて・・・とか、

ちょっといるかな、という程度のものを持って行ったりできますが、

国をまたぐ引越しは送る費用も馬鹿にならないし、

自分で持っていく荷物は自分の腕にもろに重さがかかってくるしで、

「これは自分のお金と自分の体力を賭してまで持っていきたいものだろうか・・・?」

とおのずから本気で考えます。

海を渡って壊れたボールペンとか、サイズの合わない服なんて持っていきたくないし。

本当に大切なもの、行った先では手に入らないもの、

もうどこにもなくて、持っているので最後なもの・・・

自然と、自分にとっての価値が高いものに限定されていきます。

「せっかく帰るんだから」と、新調するものもあったりして。

ずっと同じ場所にいると、「これ、不便だなぁ」とか、「これ気に入らないな」とか、

「もうこれは必要ないな」なんて思いつつも、

動かすのが面倒でずっとそのまま置きっぱなし、っていうことになりがちです。

でも引っ越すときって、必要ないものは持って行かないはず。

とくに海を渡るような長距離の場合は、ホントに必要だと思うものだけ持っていきたいはず。

引越ししないあなたも、

「これから私は夢の場所に引っ越す!そのために、ほんとに大切なものだけ持っていく!」と自分に言い聞かせてみてはどうでしょう。

そうして、

知らないうちにたまっていた不用品、自分にとって価値の無いモノと、

本当に必要なもの、自分にとって価値のあるモノを見極め、

大好きで大切なものだけを家に残したら・・・

同じ場所でもまるで新しいところに引っ越したような、

まっさらで軽い気持ちになりますよ。

« トットの欠落帖 2011年10月4日読了 | トップページ | ファーマーズマーケット »

シンプルな暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469868/44167182

この記事へのトラックバック一覧です: 引越し気分でモノを見極める:

« トットの欠落帖 2011年10月4日読了 | トップページ | ファーマーズマーケット »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30