フォト

L.Aつながりのリンク

  • ここびのキッチン @クックパッド
    レシピサイトクックパッドにレシピを載せ始めました・・・
  • etsy
    手作り品の販売サイト、etsyにlacoco920という名前で出品しています。
  • アトリエ
    手作りのレシピサイトにcocobeebooksが出張しています。
  • 吉田屋日本百貨店
    cocobeebooksがL.Aを舞台に、自分の体験を元にした小説を書いています。L.Aの日本人の様々な人生と、それぞれの決断。楽しく読めて、何かを得られる物語です。
  • 灰色の雨にうたれて・・・
    19歳で渡米、ブルースドラマーとして活躍するkunioさんの自伝。ゆるいイラストと硬派な文章が絶妙に面白いです。やればできる!という勇気がもらえるブログ。
無料ブログはココログ

« aux paradi の香水 | トップページ | カフェ・リンデン2 »

2012年4月12日 (木)

カフェ・リンデン

知り合いの方がブティという南フランスのキルトの個展を開かれるというので、

その会場のカフェ・リンデンに行ってきました。

田舎道をごとごと走って、向かいに生コンクリの工場がある小さな小さなわき道に入り、

杉の並木の中にぽっかり空いたスペースが駐車場。

そこから杉の木立をのんびり歩いて行くと、民家を改装した建物が見えてきました。

Dcim02001 これがカフェ・リンデンです。

開店より30分早く着いてしまったのですが、快く迎え入れてくださいました。

入口入って右側が展示スペースになっていて、そこにブティが飾られていました。

Dcim01951

ていねいに、ていねいに作られた仕事にうっとりです。

普通は白一色で作られるブティですが、彼女は色を取り入れたり、

和のデザインを取り入れた新しい提案で注目されているそうです。

Dcim01941 ウィンドウにひっそり飾られた着物も、ブティを取り入れたもの。

これ、等身大で作ったらすごいだろうなー。高いだろうなー!!!

私も作るのは好きですが、こういう緻密な作業は苦手なので、ただただ脱帽、尊敬です。

忙しい時間の中、朝早く起きてから家族が起きてくるまでが制作の時間だそう。

始めて5年で、生徒さんもいるんだとか。

それまでも作るのは好きだったけれど、ブティが一番合っていると笑う彼女、素敵でした。

これから、作品が本人より先に本場フランスに渡るそうです。

いくつになっても、いつでも、自分のやりたいことに出会えるんだな、

そこからまた広がっていくんだなと勇気さえもらえましたよー。

では、明日はリンデンの店内について書こうと思います^^

« aux paradi の香水 | トップページ | カフェ・リンデン2 »

日本のおいしいところ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1469868/44855153

この記事へのトラックバック一覧です: カフェ・リンデン:

« aux paradi の香水 | トップページ | カフェ・リンデン2 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30