フォト

L.Aつながりのリンク

  • ここびのキッチン @クックパッド
    レシピサイトクックパッドにレシピを載せ始めました・・・
  • etsy
    手作り品の販売サイト、etsyにlacoco920という名前で出品しています。
  • アトリエ
    手作りのレシピサイトにcocobeebooksが出張しています。
  • 吉田屋日本百貨店
    cocobeebooksがL.Aを舞台に、自分の体験を元にした小説を書いています。L.Aの日本人の様々な人生と、それぞれの決断。楽しく読めて、何かを得られる物語です。
  • 灰色の雨にうたれて・・・
    19歳で渡米、ブルースドラマーとして活躍するkunioさんの自伝。ゆるいイラストと硬派な文章が絶妙に面白いです。やればできる!という勇気がもらえるブログ。
無料ブログはココログ

カテゴリー「マンガ(さらりと読める系)」の5件の記事

2011年7月19日 (火)

愛のアランフェス 2011年2月6日読了

北海道・釧路。

父からフィギュアスケートの特訓を受けるあきみ。

シングルスケーターとして上京した彼女の前に、

「アランフェス協奏曲」を演じる一人の青年が。

どこかに憂いを帯びたこの青年・黒川によって、

あきみはペアスケートの世界へと足を踏み入れる・・・

初めての恋、初めての挫折。

自分のスケートはどこに行ってしまったの?

自分にとって、スケートってなんなんだろう・・・

それまで疑問も持たずに生きてきたスケートの世界と、

彼女は本気で向き合うようになる・・・

この時代、いいなぁ。

女の子が女の子らしく、男の子は男の子らしく。

純粋で、洒脱で。

母が持ってた萩尾望都さんのマンガもそうだけど、

かえって新しさを感じる。

彼らの描きかたがあるからかな?

友達に薦められてて、ずっと読んでなかったんだけど、

読んでよかったな。

愛のアランフェス 1 (集英社文庫―コミック版) Book 愛のアランフェス 1 (集英社文庫―コミック版)

著者:槇村 さとる
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年5月17日 (火)

リトル・フォレスト

里山で暮らす女性のエッセイ的漫画。

(描いてるのは男性だけど・・・)

1巻が図書館になかったので、2巻だけ読みました。

2巻で終わってるようです。

これ、ほんとはもっと続くはずじゃなかったのかな・・・・?

最後の方かなりはしょってる感じでした。

でもまあそれでも、淡々とした感じでいいのかもしれないけど・・・

出る限り(図書館にある限り)、読み続けたい内容。

冬の間中、1年を通して蓄えた食糧で食いつなぎ、

春になったらまた、次の冬に備えて準備をする。

その繰り返しの里山の暮らし。

それだけを聞くと、なんだか単調な、鬱々とした感じを受けない事もないけれど、

実際の日々のこまごまとした風景をとってみると、実に生き生きとしている。

どの植物をいつ植えるかというのは、

ある意味ギャンブル的な要素もあり、

その結果の作物の出来にわくわくしたりがっかりしたり、

自然の移り変わりとその恵みを愛で、感謝し、

全てを五感で味わっている感じがする。

こういう生活、始めたら大変だろうと思うし、

虫も苦手だから本当にできるかどうか分からないけれど、

心から憧れる。

したたるような緑を見ると、わけもわからず涙がでる私。

きっと前世は、山の中で暮らしてたんだろうな。。。

リトル・フォレスト(2) (ワイドKCアフタヌーン) Book リトル・フォレスト(2) (ワイドKCアフタヌーン)

著者:五十嵐 大介
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2011年5月15日 (日)

君に届け 2010年10月25日

これ、ドラマになるの?

映画になるの??

図書館に5巻まであったので読んでみました。

青春したいわー

高校が女子高だったので、

もし時間が戻せるなら今度は共学に行ってみたいと思いました。

こういう淡く瑞々しい青春時代というものを過ごした記憶がないので。

Kimi ni Todoke: From Me to You, Vol. 1 Book Kimi ni Todoke: From Me to You, Vol. 1

著者:Karuho Shiina
販売元:VIZ Media LLC
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これ、映画になったようですね?

見たいなー。というより、マンガの続きを読みたい。

2011年5月 1日 (日)

BECK

ずっと図書館にあって、

「なんだべね?」

と読まなかったマンガ。

読み始めたらとまらないー

奇跡の歌声を持つ主人公・コユキと、個性溢れるメンバーたちが、

音楽を追求していく話。

彼らがアメリカに来たときは、

「あーこの町並み、あそこじゃない??」
「ああーこういう感じだよね」

と違うポイントで興奮しつつ・・・

最終巻、フェスを仕切る女性の、亡くなったお姉さんの言葉に納得。

「私が聴きたいのは、

ミュージシャンの深いところから出てくる“真実”。

聴いている人の人生と一緒に歩いていく“音楽(と書いてしんじつ

と読ませる)”よ」

私も、音楽で世界を変えられると信じている。

【中古】afb【古本】BECK 9/ハロルド作石

2011年3月 9日 (水)

深夜食堂

都会の片隅、

夜中の12時から朝方まで営業している、深夜食堂。

その日にお店にあるものであれば、

お客さんの要望どおりのメニューが出てきます。

そこに集まるいろんな人々の、

いろんな出来事。

いろんなドラマがあるのだけれど、

あくまで淡々と物語は進んでいきます。

こういうなーんにもない、

なーんでもない話ってものすごく好き。

図書館には5巻までしかなかったのだけど、

もっと読みたい。

疲れた時とかにほっとできる感じです。

深夜食堂 1 (ビッグコミックススペシャル) Book 深夜食堂 1 (ビッグコミックススペシャル)

著者:安倍 夜郎
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30